もう少しお金を借りたいときはカードローンの限度額を増額しよう

カードローンで限度額ギリギリまでお金を借りているけれど、あと少しお金を借りたい!なんてことあるかもしれません。他のカードローンから借りてしまおうか…と考えてしまいがちですが、それだと金利が高くついてしまうことがあります。複数の金融機関で借りるより、今借りている金融機関で借りる方が得なので、こういう時はカードローンの限度額の増額をしてみましょう。

カードローンの限度額を増額するには、まず返済をきちんとしてきたという実績があることが前提となります。返済能力を証明できる実績がないと、金融機関からの信用を得ることができず、増額の申請を却下されてしまうことになります。

また、返済の遅延があったり、督促を受けたことがあれば、返済能力が無いと見なされてしまい、増額は難しくなってしまいます。真面目に返済をしている人が報われるというわけです。増額をしたければ、すでに限度額に近い金額を借りていると審査に通りやすいと言われているので、限度額ギリギリまで借りて、きっちりと返済をすれば良いのです。もしくは、自分の年収を増やしてから申請という方法もあります。

目安としては、初めて借り入れしてから1年後くらいに増額すると通りやすいと言われています。きちんと返済をして借り入れ金額が多いほど、年間の金利は下がるので、複数の金融機関で借り入れするよりお得なのは明らかですよね。ぜひ、他のカードローンで借り入れを考える前に、今お使いの金融機関に増額できるか確認してみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【諦めないで!】ブラックでも融資可能かもしれない金融会社一覧 All Rights Reserved.