地銀のカードローンの特徴と大手銀行の違い

キャッシングベスト3

地銀のカードローンの特徴と大手銀行との違いを検証

住んでいる地域にある、地域密着型である「地方銀行」と、よくCMや街中で見かける「大手銀行」。どちらも安心感はありますが、結局どっちのカードローンが良いのかわからなくなってしまいがちですよね。そこで、それぞれの特徴や違いを挙げてみました。

「地方銀行」は、その地域に住んでいる住民や、中小企業と親密な取引があるのが特徴で、親近感があるのが魅力です。カードローンだ、店舗に直接行って申し込みしたい場合や、インターネットの申し込み後に来店が必要な場合、近くに店舗があるのでとても便利。

利用限度額も、少額から数百万円までと幅広く選ぶことが出来ます。しかし、土日祝日は引き出し手数料が掛かったり、口座開設の時に来店が必要だったりします。金利もやや高い傾向にあるようです。利用できるATMは、大手銀行に比べると全国的に少なく、地元以外で借り入れする際は少し大変かもしれません。

「大手銀行」は、様々な地域の人が利用していて、サービスが豊富なのが特徴です。カードローンの申し込み時に来店する必要も無く、地方銀行よりも金利が低く、土日祝日の引き出し手数料も無料だったり、24時間対応をしてくれたりと、いざという時に頼れる存在です。利用できるATMは全国に多く設置され、日本や海外でも借り入れに困ることは無いでしょう。

どちらにもそれぞれ良いところがあります。地方にお住まいなら、地方銀行の方が身近でしょうし、首都圏にお住まいなら大手銀行の方が気軽に立ち寄れるかと思います。キャッシング初心者の人は、自宅の近くにキャッシングができるATMがある方を選ぶのでも良いかもしれませんね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【諦めないで!】ブラックでも融資可能かもしれない金融会社一覧 All Rights Reserved.