賃貸住宅の入居審査は問い合わせがあります

キャッシングベスト3

賃貸住宅の入居審査は保証会社が行い、電話で問い合わせがあります

賃貸住宅に入居するときには不動産屋さんを通じて大家さんと賃貸契約を結びますが、そのときにさまざまな入居条件が審査されます。以前は大家さんと仲介業者が審査をしていましたが、最近は家賃保証会社を使う人が増えていることから保証会社が行うことが多くなってきました。審査内容は主に家賃が継続して支払えるか、居住している人とトラブルを起こさないか、反社会勢力ではな

いか等々、いろいろな項目があります。具体的には氏名、現在の住居、昔は本籍も聞かれましたが、今はそれは聞いてはいけないことになっています。さらに年収、勤務先および肩書きや勤続年数、保証人が誰であるか、家族構成(入居予定者)の氏名と年齢など、あとは仲介業者の営業マンが面談していて感じたことなどが考慮されます。以上の項目すべて必要と言うわけでもなくパート

などの人であっても保証人がそれなりの人であれば入居は可能と言うケースもあります。本人確認のために電話での確認はあるのでしょうか?あることもあるし、ないこともあるようです。前述の、営業マンの感覚で何か感じるものがあれば確認がされます。そのためにも入居申込書には本当のことを書いた方が良いです。特に現住所は契約時に住民票や免許証のコピーが必要なのでうそを

ついても始まりません、運転免許証は現住所と異なるときは住所変更が必要です。大家さんによっては慎重な人も多く、なぜこんな面倒な手続きが必要なのかと言っても始まりません。期日までに必要書類をそろえておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【諦めないで!】ブラックでも融資可能かもしれない金融会社一覧 All Rights Reserved.