返済できる?主婦が借金するときの注意点

キャッシングベスト3

返済できるかよく考えて!主婦が借金するときの注意点

旦那の給料日まであと少しで生活費がギリギリ。そんな中、急な出費がかさみ、お金が足りない!そんなときに便利なのがキャッシング。でも無収入だったり、収入の少ない主婦がお金を借りるにはどうしたら…?そんな疑問を解決するべく、何が必要なのか説明したいと思います。

2010年に施行された改正賃金業法により、キャッシング業者は年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないことになりました。収入の無い主婦は基本的にお金を借りられないのですが、「配偶者貸し付け」と「銀行のカードローン」の2つの方法で借り入れが可能になります。

前者の「配偶者貸し付け」は、最近だと扱っている金融機関が少なくなってきました。なので、後者の「銀行のカードローン」をあたってみましょう。専業主婦でも銀行のカードローンを利用することができるのです。大手銀行のカードローンは金利が低く、安心してお金が借りられますが、限度額は30万円050万円と低めなのが特徴です。

そして借りたいときの注意点ですが、返済ができるのかよく考えましょう。借金するときは「身分証明書」の他に「旦那の所得証明書類」が必要ですので、提出する際に借りたい金額が旦那の年収の3分の1でおさまるか確認してください。

借金はやむを得ない事情でしてしまうものですが、旦那の収入をあてに借り入れをする以上、できれば旦那に相談し一人で抱えこまないようにしましょう。くれぐれも、「主婦OK」と謳い、きちんと審査をしないで貸し付けを行う消費者金融に手を出さないように気をつけてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【諦めないで!】ブラックでも融資可能かもしれない金融会社一覧 All Rights Reserved.